こんばんは。8月11日付で、facebookのメッセージにて100億会員向けに平城さんからメッセージが届いていました。個人的なメッセージで届いていたので公開するかは悩んだのですが、既に当ブログで彼らの退会を否定的に書いていたこともあり、彼らなりの釈明を載せないと不公平があるかと思い書きます。
なおメッセージは「直接書くとチャーリーさんを非難することになる」と言う理由でチャーリーさんの編集が入っている模様です。

・2012年4月にアービトラージ案件が破綻し、平城さんはその後処理に追われることになった。その後4年間弁護士に協力を仰ぎ平上さんは無報酬で裁判を闘った。
・原油案件も想定された利回りが出ず、結果的にルカ社の不正が発覚し、SECに裁かれることになった。
・その後チャーリーさん案件がことごとく上手く行かない為、コソボ案件以降はチャーリーさんに投資案件紹介をしないようチャーリーさんにお願いしてきた。
・案件紹介ではなく会員がビジネスで力をつけるため『神ブロガープロジェクト』を三人で立ち上げた。
・ビジネスで力をつけるためのGlobal FostrageやGlobal Back Office Phillipinesもうまくいっていないようだった。
・チャーリーさんは相変わらずビットコイン案件などの紹介をメルマガや100億のSNSでしていた。
これはチャーリーさんが「自分はやっぱり投資家だから、良い案件を作るのをやっていきたい」と言う意向があり、止めるのは難しそうだった。
・100億でオフラインイベントや新規会員の募集をしなくなったのも、平城さんや孔明さんがこれ以上被害者が出るのを止めたいと言う気持ちがあるからだった。
・昨年末に三人で話し合いをし、平城さんと孔明さんは100億から手を引くのがよいと言う結論になった。「クラブチャーリー」と言うインフォトップ社の菅野さん、高浜さんとチャーリーさんが立ち上げたグループがあったが、チャーリーさんだけが運営を引き継いだ前例もあった。
・年末の時点でこのようなアナウンスが出来なかったのは、そのまま伝えてしまうとチャーリーさんを非難することになり、チャーリーさんについて行きたい人たちを困惑させることになったからである。
・100億の入会費を平城さんと孔明さんが持ち逃げしたことになっているがそんなことはない。私たちは当初はチャーリーさんの投資家としての才覚を全面的に信頼しており、入会費はチャーリーさん案件への再投資と事務局経費に使われていた。結果的に案件は殆どが破綻してしまったので、お金は何処に行ったのか分からない。


と言う感じです。

個人的感想としては、半分は信頼できるものの、それぞれ三人いいことを言っている気がしてなりません。孔明さんについては後半100億よりも「北の大富豪倶楽部」の情報発信をしたくてたまらない感じでしたし、北の倶楽部のシステム面には平城さんも関わっていると思います。この点も退会の理由と思えてなりません。

また音声では「手をつけてない」と言っていた入会費に手がついていたのも大きな問題だと思います。チャーリーさんの投資に関するカリスマが当初凄かったのは確かですが、入会費はそのまま保管するべきだったと考えます。この辺もチャーリーさんの意向があったとすればそれまでですが。

神ブロガープロジェクトの開始は僕の記憶ではもっと早かったと思います。僕の手元に神ブロガープロジェクトの話を聞きにマレーシアの渡航したときの旅券がありますが、2012年7月の記録になっています。僕の記憶だけで申し訳ないですが、この時はまだ孔明さんのオフィスで原油案件は好意的に語られていたと思います。よって、数々の破綻が起こったから神ブロガープロジェクトが出来た、と言うのは違うと言うのが僕の主張です。

いずれにしても真実は出てこないのかもしれません。僕が色々な事件から分かったのは「チャーリーさんは破綻ぎりぎりの線で投資をやりたがる」「銀行や国や証券会社が公開市場でやっていない案件はいずれ破綻する」ということです。